COLUMNS

TOP > 産み分けコラム > 【医師監修】生理不順でもタイミング法で妊娠したい!方法や注意点をご紹介!
2021.03.25.産み分け

【医師監修】生理不順でもタイミング法で妊娠したい!方法や注意点をご紹介!

妊娠を希望しているものの、生理不順で周期がバラバラなのでタイミングが取りにくいという方もいらっしゃるでしょう。
今回は生理不順の方がタイミング法で妊娠を高確率でするためのポイント、注意していただきたいことについて詳しく解説していきます。

生理不順は治すことができるの?

生理不順

生理不順でタイミングをとることに悩む方がいらっしゃる一方で、そもそも生理不順を治してしまえばよいのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。まずは、生理不順を治すことができるのかどうかについてご紹介します。

生理不順となる原因

生理不順となる原因は大きく分けて2つあります。
1つは、生活習慣によるものです。無理なダイエットによる体重の減少やストレスは女性ホルモンのバランスを乱すため、生理不順を誘発します。また、不規則な生活が続いているという場合や悩みを抱えているという場合にも生理不順となることがあるのです。
もう1つは病気によるものです。子宮や卵巣、甲状腺などの病気によって生理の周期が乱れてしまうことがあります。生理不順が3か月以上続くようでしたら一度医療機関を受診して原因を知るということも必要です。

生理不順を改善する方法は?

生理不順を改善させるためにはその原因を取り除くことが必要です。生活習慣が乱れている方や、ストレスや悩みをため込んでいる方はこれらを改善させることで、生理周期が整うことがあります。とくに、過度のダイエットをされてしまった方は体重を適正体重に戻すことで、月経不順が改善することもあります。
ですが、病気が原因の場合はその病気を治さなければ生理不順を改善することは難しいといえるでしょう。

生理不順は不妊の原因にも

生理の周期は整っていないけれど、生理はちゃんと来るから大丈夫と思っている方。
実は生理不順の方の中には、生理による出血が起こっていたとしても「排卵をしていない」こともあります。排卵をしていなければタイミングをとったとしても妊娠には至りません。
このことからも、生理不順が続いているという方は医療機関で治療を受けることがおすすめなのです。

生理不順でタイミングを取るときのポイント・注意点は?

タイミング

生理不順でもタイミングで妊娠したいと考える方はどのようなことに注意しておけばよいでしょうか?
生理不順でタイミングを取るときに注意しておきたいことや妊娠率を上げるためのポイントについてまとめました。

排卵日は正確に予測する

生理不順の方にとってタイミング法を成功させるための最大のポイントは、排卵日を正確に予測することです。
排卵日は、月経初日から2週間後に起こるのが一般的ですが、生理不順の方の場合は排卵日が予測できません。

排卵日を知るためには市販の排卵日検査薬などもありますが、正確さを求めるならば医療機関を活用しましょう。卵胞の成長具合を確認したり、尿検査や採血によるホルモンの値を見ながら排卵日を正確に予測できます。
また、排卵日をより正確に算出するあるいは、希望する日になるべく排卵日を近づけるために排卵誘発剤等のお薬を使用することも可能です。

排卵日の4日前から妊娠の可能性があります。1~2日前が最も妊娠率が高く、排卵6日以前と排卵翌日以降では妊娠率は0であることが日本産科婦人科医会の研究でもわかっています。

また、特定の日のみの性交および、体位や性交後の安静は妊娠に直接的に影響しないということもわかっています。
このことからも正確に排卵日を知っておくということが、高確率でタイミング法を成功させるポイントであるといえるのです。

1年間は継続してトライする

日本産科婦人科学会が発表しているデータによると、不妊症であるということを診断されている方がタイミングをした場合の1回での妊娠率はおよそ5%となります。
ですが、累積妊娠率を見てみるとタイミングを始めてから6ヶ月でおよそ50%、24ヶ月ではおよそ60%と横ばいになっていきます。
今回は不妊症の方のデータになりますが、生理不順の方も生理不順がない方と比べると、タイミング法の成功率は低くなることがわかっています。
そのため、1回や2回ではなくまずは1年間(35歳以上の方は半年間)継続してトライしていくことがポイントです。

タイミング周期は特に生活習慣を改善しておく

先ほどもご紹介したように生理不順の原因には、生活習慣の乱れも考えられています。
タイミングを行う周期に生理不順が少しでも改善されるように、生活習慣を整えておくことも必要です。

早寝早起きを心がけ、栄養のある食事をバランスよくとっていくようにしましょう。ストレスをため込まないようにし、適宜好きなことをして発散していくようにするのも良いでしょう。
また、受動喫煙を含むタバコや適量以上のアルコール(1L以上)やカフェイン(コーヒー2.5杯以上)の摂取は妊孕性に影響することが分かっているため、タイミング周期には控えておくことが望ましいといえます。

生理不順でもMicroSort「マイクロソート」はできるの?注意することはある?

産み分け

産み分けのためにMicroSort「マイクロソート」の活用を検討している方の中には、生理不順で悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。月経不順でもMicroSort「マイクロソート」はできるのか、また、注意点があるのかをご紹介します。

MicroSort「マイクロソート」もタイミングを取ることが必要

生理不順の方であってもMicroSort「マイクロソート」を活用して産み分けを行うことは可能です。
MicroSort「マイクロソート」は精液を採取していただき、検査機関で検査をしてお返しした後にセルフシリンジキットを用いてご自身で子宮内にお戻しいただきます。

通常の妊娠と同様に排卵のタイミングで戻して受精を成立させなければなりません。そのため、検査をした精子を確実に妊娠に導くためには正確に排卵日を予測して、妊娠しやすいタイミングを見極めなければならないのです。

生理不順でのタイミングは医療機関を活用するのが確実

生理不順でのタイミングは医療機関を活用するのが確実
生理不順の方は、ご自身の排卵のタイミングを見極めることが難しいといえます。
もしも、排卵のタイミングとずれてしまえば、妊娠に至ることができず、成功率は下がってしまいます。
そのため、生理不順によって自分でタイミングを取ることが難しいという方は医療機関の活用が確実です。
医療機関でエコー検査や尿検査、採血などで排卵するタイミングを知り、そのタイミングで精子を子宮内にお戻しください。そうすることで、MicroSort「マイクロソート」の成功率を高めることが可能です。
通院の回数は、生理不順でない方よりも少し多くなる可能性はあります。

まとめ

生理不順の方でもMicroSort「マイクロソート」を活用することができます。
しかし、排卵の前後のタイミングをとっていただく必要があるため、生理周期が順調な方と比べれば、成功率が低くなる可能性が懸念されます。そのため、MicroSort「マイクロソート」で産み分けをしたいと考えている方は、医療機関と相談しながら進めていただくことをおすすめします。
MicroSort「マイクロソート」がどんなサービスか気になるという方、もっとよく知りたいという方は、ぜひ資料をご請求ください。

監修

一倉絵莉子

一倉絵莉子

産婦人科医 / 六本木ヒルズクリニック

日本産科婦人科学会専門医、日本女性医学学会会員
日本大学医学部卒業。川口市立医療センター、北里大学メディカルセンター産婦人科等に勤務。

記事一覧へ戻る

関連コラム

MicroSort®申し込みAPPLICATION

まずはフォームから簡単お申し込み。

MicroSort®お申し込みフォーム