COLUMNS

TOP > 産み分けコラム > 【医師監修】妊娠したいなら時間帯より時期を意識!成功のコツを解説
2021.04.29.MicroSort

【医師監修】妊娠したいなら時間帯より時期を意識!成功のコツを解説

妊活に取り組んでいるけど、思った以上に授かるまで時間がかかっている……。そんなときは誰しも不安や焦りを感じるもの。また、「間違った方法をしているのではないか?」「最適なSEXのタイミングや時間帯はあるの?」といった疑問を抱く方もいらっしゃることでしょう。

この記事では専門の医師監修のもと、

・確率を上げるSEXのタイミング
・ベストなタイミングを知る方法
・パートナーと上手に協力するコツ

を解説します。

授かりやすいベストなタイミングはもちろん、妊活には重要なパートナーとの上手な協力のコツを知ることができます。

妊娠確率を上げる!SEXのベストタイミング

産み分け

「早く妊娠したい」と思ったら、受精のプロセスや特徴を正しく知っておくことが大切。なぜなら、妊活で効果的といわれる「タイミング法」の意味が分かるからです。「タイミング法がなぜ効果的なのか?」が深く理解できれば、パートナーに納得される説明ができるため協力してもらいやすくなります。
妊活成功のためには、パートナーの協力の有無が大きく左右するもの。

以下では、

・基本的な受精の仕組み
・成功の確率を上げるタイミングやポイント

を解説します。

妊活するなら知っておきたい受精のプロセス

まずは基本的な受精の仕組みとタイミング法について。妊活で効果的なタイミング法とは、「排卵日に合わせてSEXをすること」。あわせて「なるべくSEXの回数を増やす」とよいのです。なぜなのでしょうか?

それは、精子と卵子の寿命が関係しています。

女性は月に1回、卵子が卵巣から卵管へ飛び出す排卵日があります。卵子の寿命は短く、約1日。それまでに精子と出会うことができなければ 妊娠できません。対して、子宮内での精子の寿命は約2日~3日。この寿命の関係から、「排卵のときに子宮内に精子が多ければ多いほど受精の可能性が高まる」ということです。

個人差がありますが、1カ月間で妊娠できる確率は約20%前後。運よく受精できたとしても、卵管から移動して子宮に着床できなければ妊娠は成立しません。妊娠にはさまざまなハードルがあるのです。
ですので、毎月の妊活は最大限可能性の高い方法をおこなうことが大事。

以上のことから、「排卵日の2~3日前から当日にかけて、複数回のSEXが効果的」だといえます。

SEXの時間帯は関係ない!重要なのは時期

それでは、「授かりやすいSEXの時間帯」はあるのでしょうか?

結論として、時間帯は関係ありません。時間帯ではなく、前述した精子と卵子の寿命を意識してSEXすることが大切。精子と卵子が生きて出会わなければ、可能性はゼロになってしまうからです。
時間帯ではなく時期を意識しましょう。

妊活成功のコツは自分の体と排卵日を知ること

妊活を成功させるには「自分の排卵日を知ること」が重要。また「自分の体の状態を整えておくこと」も大事です。
「毎月の生理周期はどのくらいなのか」を知ることも妊娠への近道。ぜひ、直近の生理周期を調べたり婦人科検査を受診してみたりしましょう。

もしも排卵していない時期があったり、生理周期が乱れていたりするなら効果的な妊活がやや難しくなります。その場合、まずは自分の体を整えることが必要になりますので、早めに専門医に相談しましょう。

妊娠のカギはタイミングとパートナーとの協力

妊活はベストなタイミングを見極めておこなうことが重要です。排卵日は毎月1回の可能性が高まるチャンスの時期。毎月逃さぬようにして、できる限り可能性を上げたいもの。また、「パートナーの理解や協力」も成功へのカギになります。

以下、

・排卵日を知る方法
・パートナーと上手くタイミングを合わせるコツ

について解説します。

妊活のベストタイミング!排卵日を知る方法

排卵日の時期は、一般的に「最終月経日より約14日前後」です。ですが、当然ながら個人差があり、必ずしもその時期ピッタリとは限りません。「じゃあ毎月どうやって予測すればいいの?」と疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。

そこで、排卵日を予測する3つの方法を紹介します。

■毎日基礎体温を測る
毎朝、目が覚めて起き上がる前の「基礎体温」を記録して予測する方法。月経初日~排卵日までの「低温期」(約36.4度前後)から、次回の月経日までの「高温期」(約36.7度前後)に切り替わる境目が排卵日で、一度グンと体温が下がる。その特徴から時期を予測できる。日々の体温をグラフにすると時期が分かりやすい。最近では基礎体温の記録用アプリなどがあり、手軽に記録できる。

■排卵日検査薬を使う
排卵日検査薬を使い予測する方法。排卵前は「黄体形成ホルモン」が急増する。その特徴をふまえ、尿中の黄体形成ホルモンの有無を検査薬で調べて予測する。検査薬は、薬局やドラックストアなどで購入できるため、手軽に実施できる。

■おりものの調子を観察する
おりものの特徴から予測する方法。排卵時期のおりものは、透明でゼリーのような粘り気のあるおりものが分泌される。おりものの量はこの時期が一番多く、約2~3日ほど続く。

以上が時期を予測する3つの方法です。
各特徴を理解して、体の変化にいつもより意識を向け予測してみましょう。

時期を合わせるためパートナーに共有しよう

妊活はパートナーの協力が必要不可欠。パートナーに上手くタイミングを合わせてもらうためには、事前にベストな時期を共有することが大事です。面と向かって言いにくければ、メールで伝えるのもよいでしょう。最近では、「妊活用アプリ」などもあるのでパートナーと一緒にアプリを使ってタイミングを共有することもできます。

また、「卵子の寿命は約1日で、その間に精子に出会わなくてはならない」といった受精の仕組みをパートナーに伝えておくことも効果的です。タイミングを合わせる必要性が理解でき、協力してもらいやすくなります。

事前に時期と理由をパートナーに共有して、協力体制を整えておきましょう。

妊娠に重要なのは時期だけじゃない!妊活のコツ

避妊

妊活はタイミングを合わせることが重要。ですが、必ずしも成功するものではありません。毎回タイミングを合わせて取り組んだとしても、思うように進展しない状況が続くと、不安や焦り、プレッシャーを感じることもあるでしょう。

そうなると、自分とパートナーの気持ちや関係性に悪影響があり、妊活が継続できない可能性もでてきます。妊活は、成功するまでに継続させることが必要です。

そこで、妊活を継続するための考え方やコツをご紹介します。

妊活の成功は個人差があることを知っておく

妊娠のタイミングには個人差があることを意識しましょう。自分よりも先に赤ちゃんを授かった人が周りにいると、焦ったり、落ち込んでしまったりすることがあります。つい人と比べてしまい、自分を責めてしまう方もいらっしゃるでしょう。

ですが、「タイミングは個人差がある」と常に頭に入れておき、気持ちに余裕を持つことが大切です。周りと比べずに、自分とパートナーのペースを大切にしましょう。

パートナーとのスキンシップやSEXを楽しむ

日頃からパートナーと、気楽にスキンシップやSEXを楽しみましょう。
妊活は「早く赤ちゃんが欲しい」気持ちから、つい一生懸命になります。いつの間にか、パートナーとのSEXが「妊娠のためのSEX」になると義務に感じます。すると、気持ちよく感じなかったり楽しくなかったりと、次第に辛くなってしまうもの。妊活に効果的な「SEXの回数を増やすこと」が難しくなります。
また、パートナーが緊張してストレスを感じるとEDになるケースも。

もし上手くいかなくなってしまったり辛くなったりしたら、妊活を休んでみるのも1つの方法です。

パートナーとのSEXは、本来は愛情を伝えるコミュニケーション。妊活以外のスキンシップやSEXを、普段から大切にして楽しむようにしましょう。

まとめ

この記事では、

・確率を上げるSEXのタイミング
・ベストなタイミングを知る方法
・パートナーと上手に協力するコツ

について解説しました。

効果的な方法とパートナーの協力さえ得られれば、可能性をグンと高めることができます。
あなたの今後の参考になりますと幸いです。

産み分けに興味のある方は、下記より弊社の産み分けに関するサービスの資料請求ができます。

監修

高田優子

高田優子

産婦人科医 / レディース&マタニティクリニック ザ 夙川

東京女子医科大学卒業。東京女子医科大学病院で初期研修した後、東京女子医科大学産婦人科教室に入局。現在はレディース&マタニティクリニック ザ 夙川にて産婦人科診療をおこなう。

記事一覧へ戻る

関連コラム

MicroSort®申し込みAPPLICATION

まずはフォームから簡単お申し込み。

MicroSort®お申し込みフォーム