COLUMNS

TOP > 産み分けコラム > 【医師監修】妊娠しやすい時間帯はある?確率を上げる時期と方法
2021.04.29.MicroSort

【医師監修】妊娠しやすい時間帯はある?確率を上げる時期と方法

結婚して「そろそろ子どもが欲しい」と思ったご夫婦なら、妊活を考えるもの。ですが、いざスタートさせても思ったほど進展せず……。すると「自分のおこなっている方法は正しいのか?」「赤ちゃんを授かりやすいSEXの時期や時間帯はあるのか?」と疑問や不安などを感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、

・妊活の基本「タイミング法」について
・妊娠しやすいSEXの時期やタイミングはあるのか
・ベストなタイミングを知る方法

について、医師監修のもと解説します。

最後までお読みいただくと妊活に効果的なベストタイミングが分かり、今後に活かすことができます。

妊娠希望なら知るべき!タイミング法について

産み分け

妊娠希望なら知っておきたいのが、基本的な受精の仕組みと「タイミング法」です。赤ちゃんは授かりもので、自分が望んだときにできるものではありません。ですので、なるべく確率を高めるための取り組みを行うことが近道。

まずは「タイミング法」について解説します。

妊活するなら基本!タイミング法とは?

「タイミング法」とは、卵巣から腹腔内へ卵子が放出される「排卵日」に合わせてSEXし、赤ちゃんを授かる可能性を高める取り組みのこと。妊活中の女性なら、耳にしたり意識したりする方も多いのでは?
女性は月に1回排卵日がありますが、その時期は個人によって差があります。必ずしも毎月一定ではない方もいらっしゃることでしょう。

ですが、「排卵日をなるべく正しく特定すること」は重要なポイントなのです。

タイミング法が妊娠に関係する理由

ではなぜ、排卵日の特定が重要なのでしょうか?それは精子と卵子の寿命の関係があります。

一般的には以下の通り、寿命の差があります。

・精子の寿命:射精後の約2~3日間
・卵子の寿命:排卵後の約1日間

この両方が、卵管内で生きている期間に出会って受精しなければいけません。卵子は1日しか生きることができないのです。そのため排卵日を特定して、その付近でSEXすることが重要。

また1カ月間に受精できる確率は約20%前後といわれております。タイミング法を試したとしても、受精して無事に卵管から子宮へ移動し、着床できなければいけないのです。また年齢が高くなるにつれて卵子は老化していくため、確率は下がります。

こうした寿命の違いや確率の問題をふまえて、毎月可能性の高い時期にSEXに取り組むことが重要なポイントです。

妊娠しやすいSEXのタイミングや時間帯は?

妊活を成功させるためには、排卵日を意識することがキーポイント。ここまでお読みいただき「具体的にはいつが良い時期?」「赤ちゃんが授かりやすいSEXの時間帯があるの?」と疑問に感じた方もいらっしゃるかもしれません。なるべく早く授かるために、毎月ベストな時期に取り組みたいもの。

そこで、タイミングと時間帯について解説します。

妊活に最適なSEXのタイミングはいつ?

結論をお伝えすると、ベストな時期は「排卵日の3日前から当日の間」。前述した精子と卵子の寿命の関係から、両方が生きている可能性が高い期間だからです。この期間になるべくSEXの回数を増やすことが大事。

そのためには、パートナーに事前にこの時期を共有しておくと良いでしょう。ご夫婦での協力が妊活成功への近道です。

妊娠しやすいSEXの時間帯はあるのか?

では、妊娠しやすい具体的な時間帯は存在するのか?について。
結論として、時間帯は関係ありません。時間帯ではなく、前述したタイミングが重要です。昼夜は関係なく、子宮内で精子と卵子が生きていれば可能性は高まります。

よってSEX時間帯は気にしなくてよいのです。それよりも、「可能性の高いベストな時期にSEX回数を増やすこと」に意識を向けて取り組んでみましょう。

妊娠したいなら排卵日を知っておくことが重要

妊活成功のためには「排卵日を特定すること」が重要なポイントです。一般的には最終月経日から約14日前後が排卵日の時期とされています。ですが個人差があるもの。生理周期にばらつきがあり、特定しにくい方もいらっしゃることでしょう。

ですので、「毎月の排卵日を知る方法」を知っておくことも必要です。

妊娠はタイミングが重要!排卵日の予測方法

避妊

前述したことから、大切なのは「ベストな時期にSEXの回数を増やすこと」だとお分かりいただけたことでしょう。ですが、「どうやって特定するの?」「毎月の生理周期がバラバラなので分からない……」と思った方もいらっしゃるかもしれません。特定できなければ効果的な妊活が難しくなります。

ですが排卵の時期には特徴や予測するための道具もありますので、予測は可能です。

以下では、予測するための具体的な方法を3つご紹介します。

【排卵日の予測方法1】基礎体温を記録

1つ目の予測方法は、「基礎体温を記録」です。基礎体温とは、「寝起きで活動前の状態の体温」を指します。基礎体温を毎朝記録することで予測できるのです。

女性はホルモンの関係で、一カ月の間で基礎体温が大きく変わります。基礎体温が高い時期の「高温期」と低い時期の「低温期」があります。特徴は以下の通り。

・低温期:月経初日~排卵日までの約14日前後の期間。基礎体温は約36.5度前後。
・高温期:排卵日~月経までの約14日前後の期間。基礎体温は約36.8度前後。

高温期は低温期よりも、約0.3~0.5度前後高くなるのが特徴です。低温期が約14日前後続いた後、グンと体温が下がるときに排卵が起きます。その後、高温期に切り替わるのです。

こうした特徴をふまえて基礎体温を記録し、変化を見ることで自分の排卵日が予測できます。

もし記録してみて、基礎体温にほぼ変化がなかったり、体温の変化が乱れていたりする場合は、排卵がされていなかったり(無排卵)、ホルモンバランスが乱れていたりすることが考えられます。その場合は、早急に婦人科へ受診して体を整えましょう。

【排卵日の予測方法2】おりものの変化

2つ目の予測方法は、「おりものの変化を観察」です。女性は基礎体温に加え、おりものも時期によって変化します。

排卵日付近は、透明で粘り気の強いおりものが分泌されます。臭いはあまりないのが特徴です。精子をより子宮へ運びやすくするため、こうした潤滑油のような役割のおりものに変化するといわれています。

その後は、おりものの量は減っていき白っぽく変化します。月経日が近づくにつれて次第に臭いが出てくるのが特徴です。

こうしたおりものの変化を意識すると、排卵の時期を推測できます。基礎体温とあわせて、おりものも観察すると、より精度が高く予測できて良いでしょう。

【排卵日の予測方法3】排卵日検査薬を使う

3つ目の予測方法は、「排卵日検査薬を使うこと」です。
排卵日の1日~2日前は「黄体形成ホルモン」が大量に分泌されます。この特徴を利用し、尿中の黄体形成ホルモンを調べて予測する仕組みが排卵日検査薬です。

排卵日前と思われる数日間に検査薬を使うことで、時期がより正確に分かります。


以上が排卵日を予測する3つの方法です。上手く活用してベストな時期に臨めるようにしましょう。


まとめ

今回の記事では、

・妊活の基本「タイミング法」について
・妊娠しやすいSEXの時期やタイミングはあるのか
・ベストなタイミングを知る方法

について解説しました。

妊活を成功させるためには、パートナーとの協力が必要不可欠です。今回ご紹介した知識や方法をぜひパートナーに共有して、取り組んでみましょう。


また産み分けに興味がある方は、以下より弊社の産み分けに関するサービスの資料請求ができます。

監修

高田優子

高田優子

産婦人科医 / レディース&マタニティクリニック ザ 夙川

東京女子医科大学卒業。東京女子医科大学病院で初期研修した後、東京女子医科大学産婦人科教室に入局。現在はレディース&マタニティクリニック ザ 夙川にて産婦人科診療をおこなう。

記事一覧へ戻る

関連コラム

MicroSort®申し込みAPPLICATION

まずはフォームから簡単お申し込み。

MicroSort®お申し込みフォーム